空の彼方

君の微笑みに出会った夏の日
ブルートパーズの瞳は
何処までもはてしなく続く青空
俺の心を包み込む

あの夏 嵐の夜に始まった物語
朝日の海辺 君はビーナスだった
鬼灯の音色に心重ね
無邪気にはしゃぎ歩いた街並み
夜空見上げ語った神話
君の寝顔を見詰めていた朝の光

夢の時はいつか覚める
君は目覚めぬ夢の中ひとり
俺の腕に抱かれたまま旅立った
君の空 笑顔探す
[PR]
by karura1204 | 2004-12-01 00:06 | エピローグ
<< 2月2日 日曜日 2月3日 月曜日 1 >>