「ほっ」と。キャンペーン

12月26日 木曜日

 今日は、システムの稼動日。朝から、顧客の所へ出向き、新システムのスイッチを入れる。この日のために、追い込みで、何度もテストをしてきた。何も問題はない筈だ。緊張が全員に走る瞬間。顧客が、新システムを使っての作業を開始した。PC画面を文字が走り出し、システムが動き出す。エラーは・・・・出ない。次のシステムが作動するエラーは出ない。次々にシステムが動き出す。最後の移行が終わり、システムは完全に動き出した。エラーは全く起きなかった。そこに居た全員に安堵の表情が浮かび、やがて拍手が沸きあがった。
 「佐藤さん、良かったですね。ありがとうございます」
顧客のシステム主任が握手を求めてきた。
「いえ、こちらこそ。ありがとうございました。また、次もよろしくお願いします」

 その場に、振舞い酒が用意され、俺たちは、乾杯をして帰社した。
 帰社すると、ご苦労さん会の準備に入った。翌日の納会と一緒に行う為だ。その日にやっても良いのだが、2連チャンよりは、みんなの負担も軽くなる。俺は、ルカに電話をした。
 「ルカ、仕事、上手く行ったよ」
 「おめでとう。良かったわね」
 「ああ。ありがとう。それで、明日、帰るよ。ごめんな。今日は、残務整理を終わらせておきたい。年末年始ゆっくりしたいから」
 「良いわよ。気にしないで、待っているわ」
 「ありがとう。じゃあ」
 「あ、純」
 「何?」
 「ううん、何でもない。気をつけてね」
 「ああ、じゃあね」
 「ええ」
[PR]
by karura1204 | 2004-12-01 01:28 | 第五章 時の狭間
<< 12月24日 火曜日 12月27日 金曜日 >>