7月31日 水曜日 

 朝7時。俺はルカに起こされた。
 「ルカ、寝なかったのか?」
 「寝たわよ」
 「そうか?それなら良いが・・・」
 「早くしないと、遅れちゃうわよ」
 「ああ」
 俺は、シャワーを浴び、身支度を整える。流石に腹は減らなかったので、珈琲だけを飲んだ。新聞に目を通していると、ルカがハンカチと一緒に細長い包みを持ってきた。
 「昨日渡そうと思っていたけれど、純からのプレゼントが嬉しくて渡しそびれちゃった」
 「あけて良い?」
 「勿論」
 俺は包みを開けた。そこには一本のネクタイとポケットチーフがセットになっていた。
 「気に入ると良いけど・・・・・」
 「ありがとう。早速締めてゆくよ」
 俺は鏡の前に立ちネクタイを結んだ。きゅっと締まる音がする。ルカに向き直り、
 「どうかな?」
 「似合うわよ。渋いわ」
 ルカは背広を着せ、ポケットチーフも挿した。
 「気障に見えないか?」
 「大丈夫よ。渋めの色にしたから、何にでも合うわ」
ルカは満足気に微笑んだ。俺は照れた。大いに照れまくった。
 「じゃあ、行ってくる」
 照れ隠しに言って、俺は玄関を出る。玄関先まで見送りに来ルカが「ファイト!」と声を掛けた。気分がシャンとした。昨夜付け替えた表札をチラッと見て俺は「よし!」とガッツポーズを取った。
[PR]
by karura1204 | 2004-12-01 01:55 | 第二章 鬼灯
<< 7月30日 火曜日 2 8月2日 金曜日 1 >>